情報漏洩事故を未然に防ごう!

CHOICES

転ばぬ先の杖としてのセキュリティーソフト

メールセキュリティソフトのメリットデメリット メール誤送信とはプライベートにしろ仕事にしろ誰もが経験がある…

more

誤送信対策としてのセキュリティーソフト

メールセキュリティソフトでメール誤送信の対策を ビジネスで働くのは人間ですから、ついうっかりしてしまってメ…

more

CALENDAR

2018年2月
« 12月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  

NEWS

2017年12月14日
転ばぬ先の杖としてのセキュリティーソフトを更新。
2017年12月14日
セキュリティー意識の向上を更新。
2017年12月14日
情報漏洩事故を未然に防ごう!を更新。
2017年12月08日
誤送信対策としてのセキュリティーソフトを更新。

メール誤送信防止システムの内容

情報漏えいは、色々な企業で起こるリスクでもあり企業の損益に大きな影響を与えるため、漏えいによる事故には対策が必要です。

中でも、漏えい事故の原因で高いウエイトを占めるメール誤送信は、特に力を入れて対策することが大切で、メールセキュリティソフト導入による対策をする企業が増えています。

メール誤送信を防止するメールセキュリティソフトは色々な機能があり、一つはメールを送信する段階でのチェック機能です。

チェック機能は、送信する時に宛先や本文、添付ファイルの有無、メールに含まれているキーワードなどをチェックした上で送信します。

この確認だけでもかなりメール誤送信の抑制になりますが、送信段階で間違いに気づいた場合は中止することも可能です。

更に安心できるセキュリティ要素は、万が一メール誤送信をしても自動で本文や添付ファイルを暗号化できるため、パスワードが分からない限りメールの中身は見られないで済みます。

新たにメールセキュリティソフトを導入するとコストがかかるのでは?という心配をしがちですが、大抵の場合色々な環境に対応できるので、現在の環境を変えないで導入できます。

メールセキュリティソフトは複数あり、それぞれ特徴が違うため選ぶ時悩むケースもありますが、web上に比較サイトや一括資料請求サイトなどがあるので、利用すると比較しながら選べるのでおすすめな探し方です。

メール誤送信を防ぐにはセキュリティソフトがおすすめ

内部情報が漏洩する可能性は日常業務の様々な場所で考えられます。社員がわざと行ったわけではなく、ついうっかりとミスをしてしまったり誤送信してしまったりです。クリックしたその瞬間に相手に送信されてします電子メールは特にミスが起こりやすく、メール誤送信は情報漏洩の大きな原因の1つになっています。
メール誤送信対策は会社にとっては重要な問題ですが、実際にメール誤送信対策として何かしら行っている会社は少ないです。メールセキュリティソフトならば、送信者が意識しなくても自動的にメール誤送信対策を行ってくれます。例えば、メールの送信ボタンをクリックしたすぐ後にポップアップ画面が出現し、宛先のメールアドレスや添付ファイルが間違っていないか確認作業をメール送信者自身に問いかけますので、メール誤送信を防ぐとことができます。
メールを使用した時のミスは特に多く、メール誤送信の発生確率は他のツールやデバイス紛失、盗難確率のおよそ3倍~7倍にもなり、情報漏洩の多くはメール誤送信によるものです。そのうえ、誤送信してしまった情報が個人情報だった場合は損害金額も高い額になり、会社の信頼も失い業績にまで響いてしまいます。そんなことにならないためにも、メール誤送信を防ぐメールセキュリティソフトの導入を検討してみてはいかがでしょうか。

Copyright(C)2017 間違ったでは済まされない!メール誤送信をやらかさない方法 All Rights Reserved.