セキュリティー意識の向上

CHOICES

転ばぬ先の杖としてのセキュリティーソフト

メールセキュリティソフトのメリットデメリット メール誤送信とはプライベートにしろ仕事にしろ誰もが経験がある…

more

誤送信対策としてのセキュリティーソフト

メールセキュリティソフトでメール誤送信の対策を ビジネスで働くのは人間ですから、ついうっかりしてしまってメ…

more

CALENDAR

2018年2月
« 12月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  

NEWS

2017年12月14日
転ばぬ先の杖としてのセキュリティーソフトを更新。
2017年12月14日
セキュリティー意識の向上を更新。
2017年12月14日
情報漏洩事故を未然に防ごう!を更新。
2017年12月08日
誤送信対策としてのセキュリティーソフトを更新。

メールセキュリティソフトで可能なリストの検査機能

メール誤送信した場合、最悪の場合顧客情報などが外部にリークされてしまう危険もあります。そんな時に導入したいのが、「メールセキュリティソフト」。メールセキュリティソフトを使えば、メール誤送信する可能性がかなり低くなります。代表的なのが「リストを調べて警告表示などを自動的に出す」機能です。
例えば予めソフトの設定で宛先にするのを禁止にするメールアドレスを入力すると、次から宛先を自動的に検知して「このメールアドレスは宛先として入力しないように設定されています。」等とポップアップや赤字などで表示して、未然にメール誤送信を防止する事が出来ます。その他にも初めて送信する相手、つまり宛先として、指定されたことのないメールアドレスはエクスクラメーションマークを出す等、入力されたメールアドレスに応じて様々な表示を出現させることができます。
これにより、効率的にどこを見てからメールを送信すれば誤送信をしないで済むか認識できるので、新入の人も安心してメールをタイプ可能です。他にも、メール文章として入力不可能の内容を事前に設定しておくと禁止表示を出す事が出来たり、うっかりミスを減少させる機能等もあります。これらの機能を導入して、セキュアなメール作りを目指しましょう。

うっかりミスでは済まないメール誤送信に対策を

会社で取引先にメールをすることが多い世の中になっています。メールは簡単にやり取りできるので会社でも便利な機能でしょう。しかし、便利だからこそトラブルに気を付けなければならないこともあります。メールのトラブルと言えば、一番多いのがメールの誤送信です。うっかり違う内容のメールを送信してしまったというのであれば、謝って済む話ですが、それが個人情報や会社の重要な機密情報だったら謝って済む問題ではなくなってしまいます。
こういったメール誤送信のトラブルを防ぐためにはメールセキュリティソフトの導入を会社で考えることが重要となってきます。メールセキュリティソフトは送信者のメール誤送信の対策を強化し、何度も送信するメールの内容確認を行い、メール誤送信を防いでくれるものとなっています。何度も送信メールを確認させることによって送信者のセキュリティ意識を向上させることにも繋がりますので、会社でセキュリティに関する意識を強化したいのならメールセキュリティソフトの導入を検討することをおすすめします。メール誤送信でのトラブルは損害賠償などにもなります。軽視できないことになりますので、日頃からメールのセキュリティ意識を向上させることを会社で取り組んでみるといいでしょう。

Copyright(C)2017 間違ったでは済まされない!メール誤送信をやらかさない方法 All Rights Reserved.