役立つ!パーテーションの通販サイト6選

トップ > パーテーション情報 > オフィス向けパーテーションの種類と用途

オフィス向けパーテーションの種類と用途

パーテーションはオフィス作りに欠かせないアイテムの一つですが、色や形、素材など様々なものが存在します。
オフィスの雰囲気にあったものを使用しなくてはなりませんが、パーテーションによってオフィスの雰囲気をガラリと変えることも可能です。
業務の内容に合わせて自分好みの形をゼロから作れるので、担当者の腕やセンスが試されるのではないでしょうか。
パーテーションには様々な種類がありますが、誰でも簡単に組み立てられる衝立の様なローパーテーションや天井まで届きオフィスの空間をハッキリと分けるハイパーテーション、軽いアルミ製のアルミパーテーションやスチールと石膏でできたスチールパーテーションなどがあります。
それぞれ特徴やコストが異なるので、予算や用途に合わせて選んだら良いでしょう。


ローパーテーションはその名の通り高さの低いパーテーションでして、座っていると体はスッポリ隠れますが立ち上がると顔を見ることができます。
プライバシーを守りつつ周りと容易にコミュニケーションを取れるのが特徴です。
また設置や持ち運びが容易なので誰にでも簡単に組み立てられますし、わざわざお金を払って業者に依頼する必要もありません。
安くてお手軽なパーテーションになりますが、可動式のものもあるので気軽に配置を変えられますし、色を変えてオフィスの雰囲気をガラリと変えるのもお手の物です。
一方ハイパーテーションは天井まで届く高さなので、オフィスの空間をハッキリと分けることができます。
立ち上がっても顔を見ることはできず密閉性も高いなど、よりプライバシーに配慮されたつくりなので個室をつくるようなイメージです。


アルミパーテーションは空間を区切る意味ではハイパーテーションと同じですが、アルミやガラス、アクリルなどを使用しているのでより丈夫にできています。
また軽いので組立などがし易く、カラーも色々あってバリエーション豊かです。
スチールパーテーションは鉄と石膏でできているため、頑丈で遮音性が高く、いかにも「壁」と言った印象を与えてくれます。
また完成度も高いので、見栄えが良くて他のパーテーションの様な手作り感はありません。
その代わり価格が高く設置費用もかかるのがマイナスポイントになります。
以上のようにパーテーションには様々なタイプのものが存在しますが、これらを一つのフロアで使い分けることも可能です。
例えば真ん中にローパーテーションを並べ、端にハイパーテーションを作り、そこで重要な商談を行うなど業務に合わせてアレコレ工夫できるところが最大のメリットかもしれません。

次の記事へ

カテゴリー