役立つ!パーテーションの通販サイト6選

トップ > パーテーション情報 > パーテーションがオフィスを変える

パーテーションがオフィスを変える

会社で見かけるパーテーションは、大きく分けてスチール・アルミ・造作壁があるようです。
折りたたみ式ではなく、完全設計として建てることが可能なので、オフィスの一角にミーティングスペースを後から作ることも可能です。
適切なオフィスレイアウトは、仕事の効率をアップさせるとも言われています。
企業組織内では、新しい部署・部門が誕生したり廃部となったり、変動も激しく、フレキシブルに対応できるパーテーションは無駄もありません。
必要がなくなれば収納ができ、必要となれば組み立てるだけです。
ローパーテーションやハイパーテーション、可動式などを有効に配置すれば、社員の仕事の効率、企業としての生産性アップに繋がるため、導入を検討する企業も増えています。
この時には、オフィス向けに製品を提供し、レイアウトのアドバイザーが籍をおく業者を選びましょう。


最近では、生産性や創造性の向上が見受けられる企業のオフィスを覗けば、パーテーションを上手く取り入れているのが分かります。
その種類も豊富で、社員同士のコミュニケーションの取り方、働きやすさなどを考慮したものが増えているようです。
例えば、部署間のコミュニケーションの促進を図りたい場合、一定の独立性を持たせながらも、開放的であるタイプの間仕切りが利用されています。
ハイでもローでもなく、ミドルパーテーションがイチ押しです。
というのは、高さがあれば圧迫感があり、低ければオフィスの通路から丸見えとなります。
しかし、デスクワーク中心、しかも単独での作業であれば、着席時に目線が合わない程度のパーテーションをデスクまわりに配置する方法が取られています。
集中できること、こうした使い方も可能です。


また、休憩スペースにまで堅苦しい雰囲気を作るのはナンセンスとも指摘する社員が少なくないようで、仕事に集中できるワークスペースを確保するためのパーテーションとは異なっているようです。
ミーティングルームは、人が集まり、コミュニケーションが生まれる場所でなければなりませんが、休憩室は居心地の良い場所にすることがポイントです。
中小企業においては、給湯器が設置されたお茶室程度の休憩室しか設けられていないケースもあります。
社員が寛げる空間は企業投資です。
最近では喫煙ブースを設けないオフィスも増えており、息抜きができるデザインにするためにも、オフィスリフォームも大事です。
リフォーム費を考えれば、コスパのよい間仕切り、パーテーションを設置し、お洒落なソファーを設置するだけでも違います。

次の記事へ

カテゴリー