役立つ!パーテーションの通販サイト6選

トップ > パーテーション情報 > パーテーションの上手な使い方を知って活用しよう

パーテーションの上手な使い方を知って活用しよう

パーテーションというと、オフィスなどで使われるものというイメージを持っている人が多いと思われますが、家の中や部屋の中にも取り入れることが出来ます。
インテリア性の高いものであれば、パーテーション自体が存在感を放ち、部屋の雰囲気をよくしてくれることもあるほどです。
素材もさまざまで、一般的におなじみの鉄製のポールに布を通して目隠しになるタイプもあれば、木材を使ったものもあります。
さらに、ジグザグとさせて置くことによって立つタイプもあれば、まっすぐに設置できるものもあります。
木材で作られたものは頑丈なことから、まっすぐに立てて使えるケースが多いのが特徴です。
布張りで支えとなる金属のポールをジグザグに置くタイプは、簡単にあちこち持ち運べるところがいちばんのメリットです。


昨今、パーテーションの使用目的として人気があるのは、部屋の中を区切るために使う方法です。
ワンルームタイプの部屋や、広いリビングにして使っていたけれど、ちょっと個人的なスペースが欲しいというとき、完全に部屋にしてしまうには改装費用がかなり掛かってしまいます。
その点、パーテーションであれば、建築の専門家にお願いしなくても自分で仕切れてしまうこともしばしばです。
例えば、天井まで届く高さの収納家具を置くことにより、空間を仕切る方法パーテーションの一つと言えます。
しかも、収納スペースを兼ね備えたパーテーションになりますので、使い勝手もよくなるでしょう。
あるいは、部屋にいるときに、あの部分だけ見えないように出来たらという場合は部屋全体ではなく、その部分だけが隠れるサイズのパーテーションを設置するのが、空間を圧迫しなくて済んでおすすめです。


向こうが全く見えないタイプのパーテーションは目隠し用途で使うことがほとんどですが、部屋の中をここは食事をする空間、ここは寝る空間として仕切るのであれば、アイアン素材のパーテーションを使い、それにおしゃれなライトを取り付けるなどすることでインテリア性の高いパーテーションにできます。
床と天井の間を突っ張り棒で固定するタイプであれば、家族みんなで取り掛かれば難なく出来るでしょう。
はしごのようになっているパーテーションなら、ハンガーやS字フックをひっかけることによって、帰宅した時にコートを脱いでかけておくスペースになったり、帽子やカバンをかけておけたりすることができます。
向こうが見えるパーテーションでも、物をかけて使うことによって適度に目隠しがされますし、便利にもなって一石二鳥です。

次の記事へ

カテゴリー